携帯チャットレディの安全性とリスク

携帯チャットレディの安全性として、下記が挙げられます。

 

知人にバレにくい

 

携帯チャットレディは携帯やスマホの小さな画面を通じての仕事なので、キャバクラなどの夜のお店で働くのと比べて知人にバレるリスクは少ないです。

 

自宅で安全にできる

 

自宅でできる仕事なので、外で働くような危険がありません。

 

例えば女性の高収入ワークの代表である水商売は、酔っ払いが相手なので酔客に絡まれるのは勿論のこと、グラスや酒瓶が割れて怪我をしたり、煙草で火傷をするなど、普通の会社に勤務していれば起こらないような危険性があります。

 

通勤時に夜の繁華街を歩くことになるので、様々なトラブルに巻き込まれる危険もあります。

 

また水商売は勤務先の関係者に暴力団や非合法な闇社会の人間がいる可能性も往々にしてあるので、自分が犯罪に巻き込まれる危険すらあります。

 

 

その点、自宅でできる携帯チャットレディであれば何らかのトラブルに巻き込まれることもなく、安全地帯で働けます。

 

個人情報が守られる

 

会話やメールは会社を経由して行うので相手に携帯番号やメールアドレスなどの個人情報を知られる危険もなく、安全に高収入な仕事をする事ができます。

 

女性が高収入を得られる仕事の中では、携帯チャットレディの安全性はトップクラスであると言えます。

 

携帯チャットレディのリスクについて

一方で、携帯チャットレディにもリスクはあります。

  • 知人にバレる可能性はゼロではない
  • 金銭感覚が狂う
  • 会社に副収入が知られる可能性がある

 

お店に出て仕事をするよりはバレにくいですが、顔出しをした場合に知人にバレる可能性はゼロではありません。

 

ただ、携帯やスマホの小さな画面で、しかもメイクを盛ったりウィッグやカラコンなどで別人を装えば、そう簡単に見破られるものではありません。

 

どうしても不安な場合は、仕事が多少制限されますが顔出しナシを選ぶといいでしょう。

 

また、携帯チャットレディの仕事は普通の仕事と比べると比較的簡単に高収入が得られるので、金銭感覚が狂ってしまう人もいます。

 

なるべく日常的に贅沢はせず、スペシャルな時にだけお金を使うなどの工夫をした方がいいかも知れません。

 

さらに、会社員が携帯チャットレディをする場合、地方税の通知などで副収入があることを会社に知られてしまうことがあります。

 

会社に地方税の通知がいかないように、チャットレディの収入を確定申告する時には普通徴収を選んでおきましょう。

 

またOLなどの会社員が携帯チャットレディをしている場合、本業以外の副業をしている事になるので、就業規則で副業禁止規定がないか確認しておいた方がいいでしょう。

 

最悪の場合を考えると、副業禁止規定に抵触して解雇される可能性もあります。

 

副業が禁止されていて、それでも携帯チャットレディの仕事をしたいのであれば自己責任になりますが、本業に差し支えないように体調管理などはしっかりしておく必要があります。