お金を払って副収入?在宅ワーク詐欺

自宅でできる在宅ワークを探していると、在宅ワーク詐欺に合う危険があります。

 

仕事を始める前に高額な費用を請求された場合には在宅ワーク詐欺である可能性が高いので、注意が必要です。

 

在宅ワーク詐欺で有名なのが、内職商法資格商法です。

 

内職商法というのは、内職を始めるために初期費用が発生すると言われ、支払っても仕事が紹介されない詐欺です。

 

初期費用というのは仕事に必要な研修を受けるための費用だとか、仕事を紹介するための登録料だとか、専用の通信機材などの名目で、何十万円かを請求されるケースも少なくありません。

 

研修を受けても合格しなかったり、スキルが低いなどの理由で仕事を紹介されない・紹介されても単価の低い仕事がほんの数件程度で全く稼げない、などで初期費用の回収すらできない有様です。

 

資格商法というのは、内職をするための資格を取るために高額の費用を請求する業者です。

 

指定された資格を取れば仕事を紹介すると言いつつ、実際には仕事の紹介などありません。

 

それどころか、資格取得のための教材も全く内容のないデタラメな悪質なケースもあります。

 

内職商法も資格商法も、どちらも仕事を紹介する前に費用を請求する時点でおかしな話なのですが、特別なスキルや資格のない方が在宅ワークをするためには必要なのかと誤解して支払ってしまう事もあるようです。

 

万一、高額な教材などを買わされてしまった場合にはクーリングオフなどで対応できる場合もあるので、消費者センターなどで早めに相談しましょう。