携帯チャットレディと税金の関係

携帯チャットレディで働いて得た収入の税金はどのように払うのでしょうか。

 

会社員が携帯チャットレディで副業をする場合、副業から得た所得が年間20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。

 

副業からの所得が年間20万円を超えると確定申告が必要になります。

 

携帯チャットレディー以外に何も仕事をしていない専業主婦などの場合、1年間の合計チャット収入が38万円以下であれば確定申告する必要がありません。

 

よく「夫の扶養から外れないようにパート代は103万円以下に抑えている」「103万円を超えると税金がかかる」などという話を聞いた事はありませんか?

 

この「103万円」というのは基礎控除38万円+給与所得控除65万円の合計なのですが、携帯チャットレディの収入は「給与」ではなく「報酬」なので、給与所得控除65万円とか103万円で税金などには当てはまりません。

 

なので携帯チャットレディでの所得が38万円を超えたら申告が必要になるので、注意が必要です。

 

ちなみに、携帯チャットレディで得た収入は「雑所得」として申告する事になります。

 

雑所得は「所得」なので収入とイコールではありません。

 

所得=収入マイナス経費なので、経費を計上すれば、その分所得は少なくなります。

 

携帯チャットレディの所得が38万円ギリギリあたりであれば、経費を増やせば申告しなくても済みます。