生活保護よりも携帯チャットレディ

何らかの事情で生活保護を受けている女性の方なら、携帯チャットレディで働くことで生活保護から脱却できる可能性があります。

 

夫のDVなどで小さな子供を抱えながらも働けない女性が生活保護を利用して生活の基盤を整えることは大切ですし、困っている時には堂々と利用すべきですが、携帯チャットレディであれば自宅で働けて高収入なので、取り組みやすいと思います。

 

また収入がないからと安易に生活保護を考える人もいますが、生活保護は本当に困っている人を助けるための制度であり、特に近年は不正受給が増えたことで以前よりも細かく審査を受けることになっているので意外と大変です。

 

すでに生活保護を受けている人は毎月の収入状況などを福祉事務所に提出することになっているので、人によっては細かく詮索されて気分の悪い事もあるかも知れません。

 

それなら、考え方次第ではありますが、携帯チャットレディで頑張って高収入を得て生活保護から脱却し、好きなものを好きなように買って暮らす方が精神衛生上もいいような気がします。

 

携帯チャットレディお勧めサイト

 

以下、生活保護について大まかに紹介します。

 

生活保護というのは、資産や能力等すべてを活用してもなお生活に困窮する方に対し、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障し、その自立を助長する制度です。(支給される保護費は、地域や世帯の状況によって異なります。)

 

通常、生活保護を受けるためには福祉事務所などの窓口でケースワーカーによる面接が行われ、健康であるのに働いていない場合には仕事を探すように指導されます。

 

ただ健康であっても離婚して小さな子供がいて思うように働けないような場合は考慮されます。

 

その後、ケースワーカーによって生活保護が必要だと判断されたら申請書を提出して審査を受けます。

 

生活保護申請書の内容は、下記の通りです。

 

生活保護申請書:保護申請者の住所・氏名・扶養の有無・家族構成・申請理由
収入申告書:現在の収入状況(世帯全員分)
資産申告書:預貯金・生命保険・現金・建物・土地などの資産
扶養届書:あなたの親族に援助の可否を確認するための書類
同意書:福祉課が関係先へ問い合わせたり、照会することへの承諾書

 

ちなみに、「扶養届書」はあなたの親族に援助の可否を確認するため、 「扶養届書」が福祉事務所より提出を求められるのですが、例えば夫の暴力が原因で離婚したような場合であれば扶養届書を送付しないようにできる場合もあるので、ケースワーカーに相談しておきましょう。

 

これらの手続きを経て、ようやく生活保護の受給となり、受給決定後も毎月収入状況などを提出する必要があります。