記事を売るにはお金がかかる?

「たった10文字の記事が3,000円で売れる」という広告があります。

 

ブロガーとまではいかなくてもSNSなどで毎日気軽にちょっとした日記を書いている人も多いですし、本当に「自分の記事が3,000円で売れる」なら頑張ってたくさんの日記を書いてしまうかも知れませんね。

 

でも残念ながら世の中そう甘くはありません。

 

さっくり言うと、買い取ってもらえる記事を書くためには難しい条件があって、ツールを使わないとムリなんです。

 

もちろんツールは有料です。

 

先にお金を要求されたら詐欺

 

この原則が、ここでも生きてくる訳です(笑)

 

この広告は、買ってもらえる記事は予め登録されたブログやホームページに掲載された記事だけで、ブログやホームページの登録には審査が必要です。

 

審査に通らなければ記事を買ってもらえません。

 

審査に通るためには、単発の文だけでなく、その1文に対する複数パターンを作成する必要があって、【最低限のパターンを作成できるかどうか】がサイト登録申請の必須条件とされています。

 

でも、パターンなんて何だか難しそう…というお客さまの声に答えて

 

ジャジャジャジャーーーーーン!

 

無料の“自動報酬発生ブログ”を0円でもらえるんです!!

 

…ただし、もらえるのは『 記事自動生産ツール 』を取得した方に限り、です。

 

もちろん『 記事自動生産ツール 』は有料で、初期費用のみならず月額使用料もかかります。

 

最初にちょっとくらいならお金を払ってもいいわ、後から稼げればプラスになるでしょ?という方は、悪いコトは言わないので副業はしないで下さい。

 

中には本当に費用を払った後に報酬が発生して儲かる場合あるかも知れませんが、それは本当にレアケースで普通にネットで探して出てくるようなモノではないでしょう。

 

消費者センターなどに寄せられている副業詐欺の相談は99%がこのパターンで先に払ったお金が戻ってこないばかりか1円も儲かっていないのが実態なので、「自分だけは大丈夫」「この副業なら本当に儲かる」と何の根拠もなく信じるのは詐欺師のカモになるだけです。

 

自宅でブログ記事を書いたり文字入力などの仕事をするなら、例えばランサーズなら登録は無料だし、報酬が支払われる時に手数料を引かれますが、こちらからお金を払うことはありません。

 

10文字で3,000円など不自然なほど高収入な仕事ではなく、キチンと真面目に在宅ワークをする方法はあるので、とにかく先にお金を払わないで下さいね!