携帯チャットレディの安全性とリスク

携帯チャットレディの安全性とリスクについて考えてみます。

 

 

スマホチャットレディの安全性

 

スマホでのチャットレディには、他の副業と違うメリットがたくさんあります。

 

知人にバレにくい

 

副業をしていることは知人に知られたくない方が多いと思いますが、チャットレディはスマホの小さな画面を通じての仕事なので、キャバクラなどの夜のお店で働くのと比べて知人にバレるリスクは少ないです。

 

自宅で出来るので安全

 

自宅でできる仕事なので、外で働くような危険がありません。

 

例えば女性の高収入な副業の代表である水商売は、酔っ払いが相手なので酔客に絡まれたり触られるのは勿論のこと、グラスや酒瓶が割れて怪我をしたり、煙草で火傷をするなど、普通の会社に勤務していれば起こらないような危険性があり得ます。

 

通勤時に夜の繁華街を歩けば様々なトラブルに巻き込まれる危険もありますし、また水商売は暴力団や非合法な闇社会の人間と通じている場合も少なくないので、自分が犯罪に巻き込まれる危険すらあります。

 

その点、チャットレディなら自宅で安全にお仕事できます。

 

個人情報が安全

 

会話やメールは会社のサーバーを経由して行うので相手の男性に電話番号やline、メールアドレスなどの個人情報を知られる危険はなく、安全に高収入な仕事をする事ができます。

 

意外と稼げる♪

 

頑張れば月に10万円以上も狙えますし、家事の合間の手軽なメールでも月に数千円のお小遣いを稼げます。

 

以上のように、女性が高収入を得られる仕事の中では、携帯チャットレディの安全性はトップクラスであると言えます。

 

スマホチャットレディのリスク

 

一方で、スマホチャットレディにもリスクはあります。

 

身バレする可能性もある

 

チャットレディをしていることがバレる一番の理由は、顔バレではなく自分で個人情報を話してしまうことです。

 

男性と親しくなって気が緩むと「よくランチに行く店」「会社でのちょっとした出来事」「休日よく出かける街」などを話してしまいがちですが、これらの小さな事実を組み合わせて個人を特定されるケースがあります。

 

いくら親しく感じても、ネットで知り合った男性に安易に自分の情報を話してしまうとストーカーされる危険もあるので、仕事や住んでいる場所、年齢や趣味など架空のキャラクターを作っておいて、個人情報は徹底的に話さないように注意しましょう。

 

金銭感覚が狂う

 

チャットレディの仕事は普通の仕事と比べると比較的簡単に高収入が得られるので、金銭感覚が狂ってしまう人もいます。

 

一度生活水準を上げてしまうと元に戻すのは大変で、いつの間にか稼いだ以上に散財してキャッシングをしてしまったり、派手な出費に慣れて普通の恋愛ができなくなる可能性があります。

 

また女性同士は敏感なので、ちょっとした持ち物や話題の変化に気づいて「キャバクラで働いてるみたい」とか「こっそりパパ活してるらしい」などとあらぬ噂をされるかも知れません。

 

なるべく派手な行動や贅沢は控えて、スペシャルな時にだけお金を使うなどの工夫をすることをお勧めします。

 

会社に知られる可能性がある

 

会社員がチャットレディをする場合、地方税の通知などで副収入があることを会社に知られてしまうことがあります。

 

会社に地方税の通知がいかないように、チャットレディの収入を確定申告する時には普通徴収を選んでおきましょう。

 

またOLなどの会社員がチャットレディをしている場合、本業以外の副業をしている事になるので、就業規則で副業禁止規定がないか確認しておいた方がいいでしょう。

 

最悪の場合を考えると、副業禁止規定に抵触して解雇される可能性もあります。

 

副業が禁止されていて、それでもチャットレディの仕事をしたいのであれば自己責任になりますが、本業に差し支えないように体調管理などはしっかりしておく必要があります。

 

チャットレディにはこういったリスクがあることを承知したうえで、上手にリスク回避して下さいね。

 

まとめ

 

ほとんどのチャットレディは安全に高収入を得ていますが、会社や知人のバレてしまうケースも皆無ではないので

 

  • 会話の内容に注意する
  • 派手にお金を使わない
  • 確定申告時に普通徴収を選ぶ

 

これらのリスクをあらかじめ知っておくことで、注意深く行動するようにしましょう。